サイト内キーワード検索 

CSV出力・エクセルで命日 1989/1/1 → 平成元年一月一日 と表示するには

PDF・CSV・XLS他形式への出力Excelそのものの小技

「別アプリケーションへの利用のために過去帳からCSV形式で「戒名・命日」を書き出して、そのCSVファイルを「戒名・命日和暦年月日漢字」に変更するには?」との問い合わせがございましたので、備忘録として記しておきます。

今回は、CSV出力~取り急ぎエクセルで変更しました。
※次回のアップデートでは「和暦年月日漢字」という過去帳CSV出力項目を作っておきます。

(1)CSV書き出し

過去帳からのCSV出力では、まず「すべて解除」して必要な項目にチェックをつけて、「CSV書き出し」ボタンから適当なファイル名をつけて保存してください。

(2)命日はyyyy/mm/ddの形式で書き出されます。

(3)範囲を指定した状態で右クリック「セルの書式設定」

(4)[DBNum1]ggge”年”m”月”d”日” と入力

リストにない場合は[DBNum1]ggge”年”m”月”d”日” と手入力してください。すべて半角です。

和暦漢数字に変わりました!しかし!

昭和64年と表示されています。※1989/1/8 と日付を変えれば、平成にはなりますが、平成元年ではなく、平成1年と表示されますのでご注意ください。

「平成元年」にするには、列コピーをして文字列の列を作って、手入力(置換)してください。

列をコピーし、隣の列に貼り付け(ペースト)するのですが、その際は「貼り付けのオプションで”値”」にしてください。

その後、コピーした文字列にて、平成一年〇月〇日→平成元年〇月〇日と手入力修正(平成一年を平成元年と文字置換)していただくとよいと思います。

※日付データの状態で[指定の値を含むセルだけを書式設定]という方法もあります(例:平成1年1月8日~平成1年12月31日の期間の書式を「ggg元年”m”月”d”日」にする)が、今回お問い合わせいただいたケースの場合は、日付列ではなく文字列で置換した方が早くて簡単です。

※不要な列(元の日付形式の列)は削除して、別アプリでご利用ください。

※「平成1年12月5日」と横書きで表示したい場合は、上記(4)の時に「ユーザー定義」ではなく、「日付」をクリックして「グレゴリオ暦」→「和暦」にしてください。

※「平成01年12月05日」と横書きで表示したい場合は、上記(4)「ユーザー定義」で「gggee”年”mm”月”dd”日”」にしてください。

※新元号はレジストリの変更で可能です。しかし、沙羅のアップデートは必要です。