サイト内キーワード検索 

手書きでもプリンタでも両方対応「エコ塔婆」(ただ今 在庫切れですが、もうすぐ出来るそうです。)

イベント/展示会/新聞記事等中外日報

2018/08/01 ただ今、在庫切れです。8月初旬には出来るそうですので、もうしばらくお待ち下さいませ。

価格:1枚に付き4霊×30枚セット=120 4,980円(@41.5円)

ご注文はこちらより(用紙専用申込みフォームにジャンプします)

ecoeco

eco

===============================

※エコ卒塔婆・30枚入4,980円(120霊・単価41.5円)消費税は含まれておりません。購入申込みは TEL:075-708-2666 まで

※[沙羅]で過去帳入力→[年忌法要資料]→[年賀状ソフトへデータ書き出し]→[短冊データ出力]にて、筆まめで印字できます。

形式サンプル
(お使いの形式がございましたら作成しますので御連絡下さい。画像データも挿入可能です。筆まめで設計・変更できます。データは沙羅から飛ばします。)
↓↓↓


中外日報(平成22年1月9日号)に「エコ塔婆」が掲載されました。

 

「エコに配慮、紙の塔婆」~沙羅を使えば印刷設定も簡単

簡単かつ安価・高機能が特長で寺務管理ソフトの定番とされる「沙羅」を開発販売する寺院コム(牧野博樹代表、京都市左京区)は、再生紙などを使いパソコンで印刷できる「エコ塔婆」の販売を開始した=写真。

エコ塔婆は厚紙に桧の柾目をプリントし、経木塔婆(水塔婆)風の仕上がり。用途も経木塔婆と同じく供養後、焼却(あるいは川や海に流す)や短期的に室内で使う場合を想定している。

文字のプリントは至って簡単。パソコンで印刷フォームを設定し、インクジェット方式のプリンター(厚紙印刷ができる水平給紙式コピーも可)に4本1セット(A4サイズ程度)のエコ塔婆を差し込み印刷する。印刷後はミシン目に沿って切り離すだけ。1本の縦の長さは約30センチ、横幅は約5センチ。

印刷フォームは一般ソフトなどでも設定できるが、寺務管理ソフト「沙羅」を使うとより簡単に設定できる。

発案者は山形県鶴岡市の曹洞宗大昌寺の富樫晃悦住職。「再生紙を使い、パソコンから印刷できるようにしたらどうか」との提案だったという。同社はこの提案を受け、再生紙工場などで材料を調査し、製紙・印刷会社とともに試行錯誤を繰り返し、製品化にこぎ着けた。

エコ塔婆の問い合わせは寺院コム=電話075-708-2666=まで。先ごろ同社は「沙羅開発室」を次の住所に移転した。〒606-8352京都市左京区北門前町489ギャラリー仁王門ビル5階B (全文)

価格:1枚に付き4霊×30枚セット=120 4,980円(@41.5円)

ご注文はこちらより(用紙専用申込みフォームにジャンプします)