サイト内キーワード検索 

どのような順序でデータ入力していただくか

入力方法いろいろ

弊社がお勧めする方法は、まず「地区名」を入力いただき、次に檀家・門徒・信徒など「世帯主」を入力していただいてから、「過去帳」や「出納帳」を入力する・・・という方法です。

「地区名」というのは、昔の呼び名・略称で、例えば地区ごとに役員さんを決めていたりする場合
その通称地区のことです。
(他府県など遠方の場合は、「遠方」「東京」など使いやすい言葉で入力してください。)

あらかじめ地区名を決めておけば、世帯主名簿や過去帳がスムーズに進みます。
※必須ではございませんので、特に地区割りをされていない場合は入力しなくても結構です。

世帯主の名簿を整備されることが、まず第一歩だと思います。
地区別に順序良く世帯主名簿を入力すると、画面で検索するときや、家別の過去帳や現在帳を製作するときに便利だと思います。

過去帳の入力について・・・

年度別過去帳をまずご入力いただくのが便利です。
どの順番でいつの時代から入力しても、並び変えることができますが、例えば昨年の分から「一日一年分」のように入力していくのをお勧めします。

もちろん過去帳を見ただけでは、「どこの家の仏さんか?」わからないこともあると思います。その時は、その過去帳に書かれている施主名を施主名の欄に手入力してください。
「過去帳をそのままコンピュータに写す」が基本です。

また、昔の字でPCにない文字、わからない文字はそのまま「空白スペース」を入れて入力してください。一通り終わった後でお時間のあるときにゆっくりと漢字を探しましょう。

一通り入力が終わったら、檀家・門徒さんに「家別法名表」を印刷しお配りして、チェックしていただくことをお勧めします。その際に入力が抜けている法名・誤字脱字を檀家・門徒さんに記入していただいて、数週間後に回収して、入力していただくと完璧な過去帳が出来上がります。

出納帳版をお使いの場合も、まず世帯主名簿を整理してからお使いいただけると便利です。