サイト内キーワード検索 

「各宗派版」の違いと今後の方針

宗派別版梵字, 生前戒名・生前法名

宗派ごとの特色を出すということの中心となること、それは機能の違いと基本データ関連の違いだと考えております。

■■■■■機能の違いの例:■■■■■

【真言・日蓮系】———-星まつり関連強化

誕生日の入力→当年星・本命星・九曜などを表示しますが、

対象年度の指定方法は
(1)新暦正月ベース
(2)旧暦正月ベース(自動計算)
(3)指定日 例:2月6日など   からその年の計算を行います。

回向簿作成

【浄土真宗系】————永代経

法名ごとに永代経が上っているか否か、種類などを入力して春秋の案内文書作成 など。

浄土真宗版は以下の機能はありません。

・六曜カレンダー
・塔婆印字出力
・星供養関連機能
・梵字付の中陰表
・戒名辞典(真宗高田派寺院を除く)
■■■■■基本データ関連:■■■■■

戒名辞典————各宗派別版に応じてデータ整備・作成しております。

 

■■■■■今後の計画:■■■■■

各宗派内で行われている行事などで活用できる機能の追加

各宗派内での見本文例・定型文書などの作成機能・文例の共有化を図ります。

日蓮宗——————–引導作成機能

宗派に特化することにより、一段ときめ細かなご要望に応えていく所存です。

どしどしご要望をお寄せ下さい!!

要望:

■■■■■寄せられているご要望■■■■■

浄土真宗の法名辞典

帰敬式(=生前に法名を受けること)を受けられた人を一覧表示機能など
(その時にその家の過去帳も表示する機能)

WEB化

・院号法名 の申請 法名軸の表装を頼んだかどうかのチェック
・須弥壇収骨
・永代経
・帰敬式 などの申請日・下付日の記録(集金・申請證・実施チェック)

祈祷簿・履歴

帳票のさらなる充実