サイト内キーワード検索 

過去帳の明治以前の入力と「旧暦」対応について

過去帳/中陰表

明治以前の過去帳の命日方法は以下の通りです。

例:慶応元年の場合

①フリガナキー[け]をクリックすると「け」から始まる年号が表示されます。

②慶応元年を選択して、

③月・日を入力し、

④決定ボタンをクリックします。

昔々の過去帳を入力するときにネックとなっているのは「旧暦」「過去帳記載日付」です。(江戸時代、鎌倉時代など昔々の過去帳の中には「2月31日」と記載されている日付もあります。)

※パソコンでは一般的に全て新暦(西洋暦)での入力方式となっているため、過去帳記載の日付で、パソコンで処理できない日付(西暦ではありえない”2月31日”等)でも入力できます。