データを集計・可視化・考察するのが次のステップ(過去帳・出納帳など)

パソコンっぽい

沙羅は宛名リストを作ったり、年忌にあたっている一覧を出したりといった「検索」「抽出」系で使われることが多いのですが、
、、、今度は、そのデータをもっとわかりやすく集計・可視化して考察しやすいようにしたいと思っております。

例1:出納帳のグラフ

例2:過去帳推移グラフ

★「こんな帳票が欲しい」ということがございましたら、お問合せフォームよりお気軽にご連絡下さい。