サイト内キーワード検索 

おすすめ設定(マルチディスプレィ)

Windows10/8.1/8/7 PC設定

マルチディスプレィとは、1台のコンピュータに2台以上のディスプレイを接続し、あたかも1台の大きなディスプレイであるかのように表示させる機能です。



※ノートパソコンにもう一台のディスプレィをつなぐ時なども便利です。


「マルチモニタ」とも呼ばれます。

私の場合、過去帳を入力する時、右側のディスプレィで沙羅を起動し、左側のディスプレィでグーグルを開きます。
戒名などで難しい文字や旧字が出てきた時は、左側(インターネット)で検索して、文字をコピーし、沙羅ので貼り付け・・という作業を行うことが多々あります。

例:
「歡」を探したいのだけれども、IMEだと文字候補が多くて探しづらい・・・手書きモードは面倒だ・・・


Googleで「観 旧字 欠」と検索すると、

のようなサイトがヒットしますので、そのページを読みながら漢字の意味もわかりますし、その文字をコピペ!
似たような文字も出てきます。

以前はIMEの「手書きモード」で探していましたが、グーグルの方が早いのでは・・(探し方にもよりますが)

また、左側はワードやメールソフトやFacebookなどを起動しておいても便利です。

マルチディスプレィはIllustrator(イラストレーター)やPhotoshop(フォトショップ)などのDTPやグラフィックスなども、1台のディスプレイで使うよりも確実に便利です。

ツールボックスを分離して左側に置いて使っています。

「最大化で表示」が便利です。(特にノ-トパソコン)

沙羅→「ユーザー設定」→「実行時の画面の大きさ」は「最大化で表示」が見やすいと思います。


最近のディスクトップPCはディスプレィコネクタが複数ついているものも多いので、ぜひマルチディスプレィをご利用下さい。HDMIやDisprayPort などのポートを搭載している機種も増えました。

PC買い換えでディスプレィもセット購入した場合、昔のディスプレィも新しいPCにつなぐことができるかもしれません。ディスプレイの価格も一昔前と比べるとますます下がりました。ぜひお試し下さい。