言葉の一部を入力して検索して下さい。問題解決の早道になるかもしれません。沙羅.comサイト内検索をご活用ください。

沙羅ケータイの記事(中外日報:2009/5/31号)

沙羅ケータイ,スマホで見る,中外日報

このシステムのポイントは、

(1)普段はインターネットに接続せずに通常のスタンドアロンソフトで運用し、必要な時(たまに)にインターネットに繋いでデータを保存することができる。

(2)外出先からは、いつでも各寺院専用のアクセス先とパスワードにより、保存されたデータを参照できる

ということで、「一般的なASPサービス(常にインターネット上のサーバーにデータを入出力するグループウェアなど)とは異なる」 という点です。
(※外部からデータ入力される、、、という心配はありません。)

★今までの沙羅は、そのまま普通に使えます。

沙羅ケータイのページはこちらです。

 

 

中外日報様、誠に有難うございます!

外出先で入力できたらもっと便利なのに、、、という話を聞きます。
確かに便利でしょうし、試作もしました。
(しかし、例えば過去帳などの戒名入力はまったく現実的ではありません。→携帯電話では漢字も出ません。文字コードも異なりますので表示できない文字もあります。)

また、第三者が入力したり、間違えて削除したりする可能性も高く、セキュリティおよび運用リスクが大きすぎるので「沙羅ケータイでは参照のみ」です。
(1行1行のデータ入出力まで到底管理しきれません。)

※また、出納帳のデータにつきましては、外出先からの参照は考えておりません。