年忌案内を「エクセル」で設計した用紙に印刷するには「1枚1霊」「1枚複数」または「短冊(1枚の用紙に列数を指定)」

沙羅には標準で沙羅独自の印刷プログラムが入っておりますが、この帳票はフォント・サイズ変更・デザイン変更ができません。
『自由な体裁で作りたい』という方は『エクセル自由設計』で作成してください。(慣れていただけましたら、年忌案内以外でも様々な帳票が作成していただけますので重宝します。)

エクセルファイル(xls形式)で作成した「ひな形」のセルに「沙羅関数」を貼りつけて、ハガキやA4・B5などの用紙はもちろん、すでに仏具店さんが作って配布されておみえの用紙に必要な項目だけ「狙い打ち」をする・・・等、まったく自由な案内文書が作成できます。ぜひトライしてみてください。意外に簡単です。

※帳票ひな形ファイルは、転載自由です。

ファイル「選択」画面が表示されますので「ひな形ファイル」を選択してください。

※ファイルを選択後『編集』をクリックするとエクセルが開きますので文面やレイアウト・プリンタなどを変更して保存してください。

印刷

「1枚1霊」「1枚複数」の違い

例:その家に「1周忌」と「7回忌」の方があたっている場合

『1枚1霊』を選択すると1枚の用紙に1法名ずつ印刷するので、合計2枚印刷されます。

『1枚複数』を選択するとまとめて1枚の用紙に印刷されます。

印字できる項目データ(沙羅関数)

 

『**~』で始まる項目が沙羅からのデータです。『1つのセルに1つの沙羅関数を入力セット』してください。**は半角です。

 

 

「1枚1霊」用の沙羅関数はこちら

「1枚複数」用の沙羅関数はこちら

「短冊」用の沙羅関数はこちら

サンプルファイル

★A4サンプルファイルのダウンロード: https://www.jiin.net/sara_xls/nenkiannai.exe
★ハガキサンプルファイル: https://www.jiin.net/sara_xls/nenki-hagaki.exe

※Cドライブの ”sara2004”フォルダ内の ”xls_user” フォルダに見本ファイルがインストールされます。
直接エクセルで開いて編集して、「別名で保存」してください。例「年忌(回忌法要)案内○○○寺」というような独自の名前で保存してご利用下さい。

タックシール・封筒・ハガキ宛名書きは「ツールバーの筆まめ書き出し」で

年忌法要画面からも筆まめ出力ができます。(あたっている家・あたっていない家を分けて印刷が可能です。)

注意点:
・アップデートで上書きされないように、例「年忌案内○○○寺.xls」というような名前で作成・保存して下さい。
・2ページが空白になっていないか、プレビュー画面でページ送りしてご確認ください。
・※Excel自由設計は沙羅のエクセル自由設計は必ず「Sheet1」 で設計して下さい。
※シート名を変えたり、他のシートで設計したものにはデータが飛びませんのでご注意ください