言葉の一部を入力して検索して下さい。問題解決の早道になるかもしれません。沙羅.comサイト内検索をご活用ください。

一般の会計ソフトと沙羅の違い

普通の会計ソフトと違うところ

(1)名簿とリンクしているので「出納帳入力画面で『家』を選びながら入力することにより、「家別入金明細」が自動生成されます。

↓↓↓↓↓
※名簿からの「家情報表示」の「入金明細」にデータは蓄積されます。



例:地区別入金明細

(2)いわゆる「年度更新」がありません。そのまま次年度も続けて入力ができます。
本堂修復事業など複数年にまたがった会計も作成できます。

※明細が増えて重い時は、会計年度を分けることも可能です。(20個まで増やすオプションもあります。)

(3)科目は寺院用に設定されています。
※会計科目は『大・中・小』⇒科目名は自由に変更が可能です。

(4)『記帳しない』という会計があります。
昔々の寄付・お布施など、『現在の会計簿に記帳はしないが記録として残す』ということができます。⇒家別の入金明細に記録・集計が可能です。

(5)問題もございます。
沙羅には「売掛金」「買掛金」「未払金」「仮払金」などの掛け取引の勘定科目は使えません。
現金主義で入力いただけたらと思います。

その他詳細はこちらです。