過去帳『チェックの印つけ』は起動画面ツールバーの『過去帳』⇒『過去帳チェック入力』より

過去帳,基本,一覧表でチェックをつける,苦肉の策

チェック項目の「印つけ」作業を編集画面で1人ずつ開いてチェックをつけるのは大変だと思います。
「印つけ」は『名簿一覧表状態でのシングルクリック』で「チョン・チョン・チョン」と印つけができます。

重要:過去帳の「チェック入力」は通常の過去帳一覧状態ではチェック入力はできませんので、

過去帳をいったん閉じてメインメニューに戻り、上部「ツールバー」の「過去帳」の『過去帳チェック入力』の画面で行ってください。

【重要】誤動作が起きますので「パソコンのマウス設定は「シングルクリックで選択、ダブルクリックで開く」の設定にしておいて下さい。」

あらかじめ、名前の横あたりにそのチェック項目を持って来ておいて、『閉じる(終了)』で位置確定してから行なうと便利です。

その項目のヘッダー部分をドラッグ&ドロップで氏名の横の辺まで移動して持ってきておき、いったん「終了」ボタンを押してメニューに戻り、再度名簿を開いて印をつけてください。
(列の表示位置は「終了」ボタンを押した時に記憶されます。)
↓↓↓↓↓

名前を見ながらチェックしてください。

画面をお好みで見やすくしましょう!一覧画面の幅の広さ・表示順はドラッグで変更できます。

マウスは「シングルクリックで選択してダブルクリックで開く」がベストです。

「コントロールパネル」→「フォルダーオプション」

シングルクリック

※現在開発中の「新沙羅」は、世帯主名簿のチェック項目数は15⇒30に増やして作っております。