言葉の一部を入力して検索して下さい。問題解決の早道になるかもしれません。沙羅.comサイト内検索をご活用ください。

家別過去帳画面での「現在帳から過去帳への転記」で(ハンドルされていない例外)エラーが発生したら、、、「表示設定初期化」を

最近のアップデート内容,生前戒名・生前法名

家別過去帳から世帯主の変更後、旧世帯主の死亡ボタンを押すと「アプリケーションのコンポーネントでハンドルされていない例外が発生しました。」
と表示される場合は、表示設定初期化が行われてないと思います。(プログラムとデータのバージョンが合っていないなどの原因が考えられます。)

沙羅のメイン画面のツールバー → ヘルプ → データ保守 → 表示設定初期化 を行ってください。

注意:死亡ボタンを押したときにエラーが出る場合は(沙羅ソフトとデータのバージョンが合っていない可能性が高いので)「表示設定初期化」を実行してください。これは「新しい沙羅に古い沙羅のデータを復元したあと」にも起こる症状です。

「表示設定初期化ができない」「表示設定初期化に失敗しました」の時は、沙羅をいったん終了してください。

沙羅アイコン「右クリック」⇒管理者として実行

で起動していただき、お試しいただけますでしょうか。

現在帳(家族帳)で入力されたデータ「家別現在帳画面」での「死亡」ボタン

↓↓↓↓↓↓↓
家別現在帳で入力された「生前戒名・生前法名」「逆修日」「誕生日」「備考1」「備考2」は「死亡」ボタンを押したときに
↓↓↓↓↓↓↓

↓↓↓↓↓↓↓
過去帳の「戒名・生前法名」「逆修日」「誕生日」「備考1」「備考2」に転記されるようしました。
※逆修日(生前戒名・生前法名 授与日)は「墓地その他」のタブ内にあります。
↓↓↓↓↓↓↓