家番号の変更について

重要!!
檀家・門徒名簿(門徒名簿)の家番号は、『過去帳』『現在帳(家族帳)』『出納帳』『スケジュール』『回向簿』『備忘録』その他各データテーブルと連動リンクしているため、誠に恐縮でございますが、途中変更はまったく推奨していません。

変更するとデータ不整合が起きてしまうからです。→→ 違う家のデータに紐づいてしまい、データがぐしゃぐしゃになる可能性がありますので、名簿をむやみに変更しないでください。)

また、誰かを削除した時に、自動的に家番号が変わるということはありません。

※欠番を気になさらずに、新しい名簿は、通常通り最後尾に追加していったほうが賢明です。

しかし、どうしても欠番の番号に新しい人を入れたい、、、という場合は、
(1)檀家・門徒名簿→ツールバー[欠番復活]にて、その欠番を入力

(2)その行ができます

(3)その行に新しい檀家を入力
という手順で行なってください。

もし任意の番号をつけたい場合は、家番号ではなく、「檀家番号」(←例です)という項目をユーザー設定の檀家情報設定の数値項目で作り、その項目に各数字を入力されるといいと思います。

※例えば、「A-001」 のように「数字と文字の混在の台帳番号」を記入したい場合は、文字項目にて設定して御利用下さい。

名簿は「アイウエオ順」で並び替えられますので、家番号にはあまりこだわらない方がいいと思います。