サイト内キーワード検索 

検索の極意!これは便利!検索履歴の保存と読込!

いろいろな検索方法検索パターン

世帯主の検索で、よく使う検索項目は保存しておいて次回はその検索方法を即座に読み込むことができます。

(例1)「祠堂」にチェックが入っている人だけを検索したいとき ※これは一例です。

まず、過去帳に”祠堂”という項目を作ります。(場合によっては檀家でも・・・)

過去帳で、いい具合に列の表示順を列名部分をドラッグして調整して、右上の終了を押して、その表示状態を保持させることができます。

そして、必要に応じて、チェックをつけて下さい。

「検索」で検索方法を指定して名前を付けます。

次回からは、ツールバーで「一発検索」ができます。

 

======

(例2)「”県外→(地区)”の”檀家→(種別)”で”墓地管理費→(墓地管理費)”の3000円の家」を検索するとき、毎度毎度いちいち検索画面で検索項目を設定しなおすのは面倒です。

下記は例ですが、墓地管理費は仮に3,000円、5,000円、8,000円等の種類があったとします。
沙羅の世帯主の検索設定画面では通常、下図のように検索します。

(1)上記例の検索設定です。
[上記検索パターンを保存]に印をつけて [検索実行]をクリックしてください。

 適当な題を付けて保存してください。

 次回からは、[世帯主名簿]のツールバーにある[検索履歴の読込]をクリックしてワンタッチで検索が行えます。

このように特定の検索方法に名前を付けて保存しておけば、これからはワンタッチです。

※この機能は、ある住職様の御要望で作成いたしました。

金額関係なしに「金額が入っている人」を検索するときは「除く検索」が便利です。(同様に履歴登録できます)