言葉の一部を入力して検索して下さい。問題解決の早道になるかもしれません。沙羅.comサイト内検索をご活用ください。

名簿や年忌資料で検索後「印刷」「筆まめ出力」したときに件数をご確認ください。

筆まめ,宛名印刷,件数が合わない,基本

※筆まめが起動した際に件数が表示されますので必ず件数をご確認下さい。

原因1:家番号が入っていない。⇒宛先がありません。

重要:『年忌法要資料』からの「筆まめ出力」は、『家番号がリンクされている家』にのみ宛名が出るようになっておりますので、『家番号=0』の方は出力されませんのでご注意ください。
過去帳入力時には、「檀家選択」ボタンにて、現在の世帯主様を選んで入力してくださいませ。手入力では名簿住所と連動できません。

原因2:1つの家に複数あたっています。

例:3回忌と13回忌があたっている⇒宛名は1つで出力されます。

原因3:「案内不要」にチェックが入っている

※沙羅から筆まめを起動した場合、「案内不要」にチェックが入っている人は除外します。

沙羅での「案内不要」についての基本的な考え方ですが、「案内不要」とは「行方不明」「絶家」「他宗に変わりご縁が切れた」のような方々を指します。
過去帳などは末代まで残しておいた方がよいと考えているため、あえて名簿から消さず、種別を変え、「案内不要」とするのがよいと思います。

★★★『「地元なので郵便は出さない」は「案内不要」ではありません』のでチェックをつけないようご注意下さい。

原因4:筆まめはVer23以降ですか? 古い場合は新しくしてください。

古い筆まめはユニコード出力に対応していません。
書店・コンビニ・アマゾンで販売されている「筆まめムック版」でも問題なく使えますので、筆まめのVer.22以前をお使いの方は購入のご検討をお願い致します。

原因5:なんらかの禁則文字が入っている

名簿の頭から順番に読み込みますので、例えば85件で終わっていたならば上から86番めのデータがおかしい可能性があります。

FileMakerからCSV出力して、それを沙羅にインポートした場合、妙なコード(スペース)が入っていたことがあります。

問題が解決しない時はお気軽にお電話下さい。(075-708-2666)遠隔サポート(無料)で即座に解決いたします。