この梵字はどの文字のフォントだったっけ?? ※一般ソフト(Word・筆まめなど)

フォント,年忌案内・短冊・年回表を出す,梵字

※↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓この梵字は画像ではなくフォントです。
その文字をコピー&ペーストでワードや一太郎に貼り付けてフォントを「CK梵字悉曇&α」に変更してください。
コピーはctrlキーを押しながらC(ctrl+C)・ペーストはctrlキーを押しながらv(ctrl+v)です。


1ABCDEFGHI
JKLMNOPQRS
TUVWXYZabc
defghijkあい
うえおかきくけこさし
すせそたちつてとなに
ぬねのはひふへほまみ
アイウエオカガキギク
グケゲコゴサザシジス
ズセゼソゾタダチヂツ
ヅテデトドナニヌネノ
ハバパヒビピフブプヘ
ベ佛法僧寶、 。◆□■△
23456

どの文字から変換したか?は「変換キー」でわかります。

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑この上の梵字は画像ではなく文字ですので、コピー&ペーストでお持ちのPCへ貼り付けできます。。↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

ワードなど別のソフトでも梵字は利用できます。

おすすめ梵字フォント:CK梵字悉曇&α

この梵字は何の文字から変換したんだっけ??というときは、その漢字(梵字)を範囲指定して(Shift+→ や、マウスドラッグなどで反転表示)、その状態で、キーボードのスペースキーの隣にある「変換」キーを押すとわかります。

※読み方ではありませんCK梵字悉曇&αは「あいうえお~」から変換できます。(読み方では単語登録されていませんので、必要に応じて単語登録してみてください。)
※全角数字も変換があります。

こういう時に今までは、(1)フォントを変えて調べる(2)適当にあたりをつけて変換して確認する、、、、などの方法で調べていましたが、数秒から数十秒のロス・マウス操作でもちょっとしたストレスを感じていました。

これからは、「1秒!」でわかるのでは、、、と思います。(最初から覚えておいたら?と思われるかもしれませんが、それはなかなか難しいことです。)

衡山毛筆フォント草書の文書でも活用できるかも、、、、。

通常の漢字でも同様にわかります。

ワードなどで読み方がわからない時にすぐ調べることができる「かも」しれません。