『Windows Server IoT 2022 』とは、、、

今日、シンサラを設定・インストールした寺院様は「Windows Server IoT 2022」というOSでした。

「Windows Server IoT 2022」と「Windows Server」何がどう違うのか、イマイチわかりませんが、IoTという名前がついているということは、、、??

くわしくはわかりません。。。


シンサラはリモートインストールでしたので、実際の外観などはわからなかったのですが、そのPCはBUFFALO製とのこと。もしやNAS?

通常の遠隔サポートでそのOS機に直接つなぐと、画面が小さい(800×600?640×480?)のですが、

クライアント用のPCから「NAS Navigator2」っていうNASの管理アプリの中に「右クリック」で「リモートデスクトップを開く」ってのがあるんですね。
それで遠隔サポートを接続しなおすと画面は大きくなりました~。

初めて知りました~。浦島太郎です。

そのNASにはSQLServerをインストールしただけ(データのみで、シンサラプログラムはインストールせず。)で、あとはクライアントPCからの作業となりましたが、なかなか思ったより順調でした。

サーバーにインストールしたもの

・SQLServerManagementSystem(初期データの復元に使用するため・アカウントなどを設定するため)
・沙羅からシンサラへのデータコンバートプログラム


クライアントPC(Windows10)にインストールしたもの

・SQLServerManagementSystem(必須ではないですが、データ接続テストに使うと便利)
・シンサラ

インストールが終わって、やれやれ、、、というところで品番をお聞きしたところ「WS5220」でしたので、一応仕様などを確認してみようと、ホームページを見たところ、、商品名は 「テラステーション WSS」(価格は10万ちょっと、、とのことでした) で、2022年5月下旬に発売とのこと。

発売したばっかりの商品ですやん!ひえ~。

※モニターもキーボードも繋げない、いわゆるNASでした(Windows Serverがプリインストールされていました)。

写真は「WS5020」、、、前世代の機種でもOSプリインストールモデルがあったんですね。ホンマに勉強不足です。

とりあえず、1ケ月ほど様子を見ようと思います~~。

しかし、サーバー用OSがプリインストールされているということは、こちらのNASは耐久性があるんでしょうね。

今回は業者様がLAN環境やRAID等の機器設定してくれましたので、助かりました。有難うございます。