サイト内キーワード検索 

「令和」アップデートの詳細内容・・・・(過去帳の年忌表・M/T/S/H/R 入力部分など)

檀家・門徒名簿/現在帳, 年忌案内/年回帳の作成方法改元, VIP

※WindowsのUpdateに関係なく変更されている部分です。沙羅の現在の公開バージョン:20190510版にて対応済の内容です。

令和アップデートはここをクリック

アップデートについて

「開発室よりお申込みのあった方に順番に電話をかける」令和プログラムアップデート・動作確認サービスを開始いたしました。お申込みはこちらから。

カレンダーの日付

5月からは令和元年となります。

過去帳の命日と誕生日の入力コンボボックス他

※↓↓↓4月末日までは(例:)令和元年4月4日と入力しても → 平成31年4月4日と変換されて登録されます。

日付入力コントロール「Rの入力」対応しました。

「M・T・S・H」の入力コントロール(例:納骨日の入力部分など)は、OSやPCの和暦レジストリなどに関わらず「M・T・S・H・R」で入力できるように変更しました。

※もちろんカレンダークリックの入力も可能です。
※但し、現状での表示は「令和元年」ではなく「令和01年」です。ご了承ください。

Excel自由設計での沙羅関数を修正しました。

↑↑↑↑ここまではWindowsUpdateやコントールメーカーのアップデートには依存しません。VIPユーザーはログインしてアップデート可能です。(アップデートは沙羅を終了させている状態でおこなってください。)

WindowsXPでも動作確認ができました。・Windows7~10ももちろん動作確認済です。)

取り急ぎ、沙羅そのものの改元に関する問題(過去帳・年忌関連)は解決したように思われます。何か問題等ございましたら、お問い合わせフォームよりご連絡いただけると有難いです。

現在の問題(Windows待ち?)

Windows本体や.NetFrameworkが持っている日付関連のアップデートがあるかもしれませんので、どうかトラブルが起きないように祈るだけです。。。

過去帳や年忌関係だけでしたら、WindowsやOfficeのアップデートは不要です。

一部「パソコン(OS)の持っている和暦データ」(「印刷日」「出納帳の日付」など)を引っ張ってきている出力帳票類があります。
別のテストマシン(Windows10)では自分でレジストリに値を追加し、実験したところ問題ありませんでした。

しかし、Windowsのアップデートの様子をみないと何とも言えないところもございますのでご了承願います。
(沙羅アップデートではWindowsのsystemレジストリは触りません。)

インターネットをつながずにWindowsUpdateが出来ない方はどうなるのでしょうか。疑問です。

※参考:レジストリ追加(ご参考まで:Windows10)

Windows10のマイクロソフトの令和アップデートで和暦が追加されると思いますが、、、、いつになることやら。

インターネットを繋いでいない場合は、レジストリを直接さわることでもできますが、レジストリエディタ編集は自己責任でお願いいたします。

“令和_令_Reiwa_R”を追加。→→ 沙羅出納帳などの帳票系の和暦印字は「令和」に変わります。

レジストリ編集後は必ずパソコンを再起動する必要があります。