サイト内キーワード検索 

郵便振替「コンビニ兼用」の取扱票用バーコード

郵便振替取扱票(ゆうちょ銀行&A4用紙), 寺院コムNow郵便振替取扱票, Pickup

前提条件:コンビニ決済を行うには、「お寺さんと収納会社」との事前契約が必要です。

収納会社-----SMBCファイナンス電算システムなど

※収納会社によって出力方法が異なりますので、収納会社の担当者様とよくご相談下さい。
↑↑↑↑↑↑
このハードルが少々高いかもしれません。
また、収納会社は基本料金が別途かかりますので少人数の低額回収システムには不向きです。(コスト的な問題)

コンビニ兼用用紙のご注意点(1)「備考欄に書いてもその内容は伝わりません」

→ゆうちょ銀行の場合は、振替取扱票を郵便局でスキャンされ、後日 払込票のコピーが郵送でお寺さんに送られてきますが、コンビニ払いの場合はセンターからデータが送られてくるだけです。送金者が備考欄・通信欄に書いてもお寺さんには伝わりません。
(送られてくるデータは、契約している収納会社により若干異なりますが、「日付」「家番号」「金額」(明細種別コード・受注番号 等)などです。)

コンビニ兼用用紙のご注意点(2)「金額訂正ができません」

→コンビニでは、レジでバーコードを読み取って処理いたしますが、バーコードに金額情報も印字するため、途中変更はできないのです。
そのため、塔婆申込書や任意金額寄付金などには使えません。

その他

コンビニバーコードには「自由に使える桁が17桁(金額桁や支払期限などを除く)」あるので、沙羅統一コード(仮称:沙羅コンビニコード)を作っているところです。(実際には寺院番号・家番号・商品(科目)コードなど。

※氏名は沙羅内で家番号リンクするため、収納代行会社等にはわからないようになっております。

送金者さんがコンビニで支払うと、数分後に「速報」が入るらしいです。
(CSV速報リアル還元サービスはオプションです。うちは別に数分後でなくてもいいので、翌日連絡の通常サービスです。)

他に必要な機材(1):バーコードリーダー

※バーコードリーダーがなかったので、AMAZONで「Symcode社MJ-4000」というのを見つけて注文しましたが、QRコードは読めるものの、GS1-128は読めず!
結局、メディア九州さんのサイトでSD-120 を取り寄せました。SD-120 バッチリです。
安価でシンプルです。(※印字テストにバーコードリーダーは必須なのです。)

・・・ふと、「iPhoneアプリでないんかな???」

探したらありました。mobiscan(mobi-scanという名前のものと混同するので注意)
360円でダウンロードし、試したところ、普通に読めました。

←ここから購入できます。

・・・ということは??

読み取りテストで使うだけなら、スキャナー買う必要なかったですかね???

※連続してそのまま処理するには、スキャナに比べてちょっと使いにくいですが、読み取り結果を一括してデータとして送れます。
これは、いろいろと使い道が広がりそうです。

他に必要な機材(2):レーザープリンタ

レーザープリンタは必須条件です。

追記:コンビニ兼用の場合、「住所・氏名・電話番号」非表示がおすすめです。

コンビニレジで扱うようになりますと、レジで住所氏名が記載されたものが店に保管されるということになりますので、プライバシーが少々心配です。

※コンビニ払い可能用紙の場合は、プライバシー・個人情報保護のため、住所等は印字しないようになってきているそうです。その代わり、「請求書番号」のような一意の記号番号を印字しないといけません。
(どなたから入金されたのかを確認するために必要です。)

ゆうちょ銀行に「私製承認申請」とともに「住所等非表示に関する届け出書」を提出いたしました。