言葉の一部を入力して検索して下さい。問題解決の早道になるかもしれません。沙羅.comサイト内検索をご活用ください。

「年忌のあたっていない家に別の案内を出す」方法(一括転記機能の活用)

チェックをつける,マニアック,意外に便利

ちょっと難解な言い回しですが、慣れていただくとこの機能の使い道はいろいろ考えられます。

例:『年忌のあたっていない家に、檀家名簿画面から宛名・案内印刷をする』

準備:ユーザー設定で「檀家・門徒情報設定」で使っていないチェック項目を(例:年忌該当)という名前にして、あらかじめ項目を作っておきます。

 

(1)「年忌法要資料」にて「対象年度で検索」して年忌該当が一覧表示された状態で、ツールバーの「一括入力」→「名簿のチェック項目に転記」をクリックしてください。

(2)「年忌該当」をクリックしてチェック転記実行すると、檀家名簿のそのチェック項目に印がつきます。

(3)あとは、メインメニューに戻って、檀家名簿より、いろいろな検索条件を設定して検索してください。

例:『年忌該当に印が入っていなくて』、『郵送に印がついている人』、、、など

注意!『チェックが入っていない』⇒入っていない方の行をクリックして『→』ボタンをクリックしてください。
くれぐれもお間違えないようにお願い申し上げます。

年忌法要資料の画面に「あたっていない人を筆まめに書き出す」という機能もありましたが、あたっていない人の友人知人を含む全名簿が出力されてしまうため、筆まめ上で再度検索しなければならなかったり、複雑な抽出ができなかったり、、、と、何かと不便でした。

名簿のチェック項目に一時的に印をつけて、エクセル自由設計帳票と組み合わせて使用する、、、という方には、上記のチェック項目一括転記方式を断然オススメいたします。

※この処理で何かエラーが出る場合、原因としては『過去帳に家番号が入っているのに、名簿にはその家番号の人が存在しない』という例がありました。(ご自身でコンバートやCSVインポートされた方はご注意ください。)


『過去帳に表示されている状態で、その檀家名簿の任意の項目にチェックを一括転記する』という裏技もできます。
例:名簿には『永代あり』、過去帳に『永代供養』というチェック項目を作り、過去帳で印をつけておき、検索で絞り込み→その状態で檀家名簿の『永代あり』というチェック項目に一括チェック転記をする、、、、など
方法はこちら