過去帳からデータを絞り込んで、回向簿を作成する方法

意外に便利

※「印刷データ」が「回向簿作成のためのデータ」になる、、、というところがちょっと特殊ですが、重要なポイントです。

(1)まず、沙羅で過去帳を開き、種別や検索項目等で検索して回向簿に書き出す法名を絞り込んで下さい。

例:「檀家」のみや、検索チェック項目で印が付いている法名のみ・・・など

過去帳一覧での上部コンボボックス「種別」「地区」の検索の場合は、命日が入っていない人も抽出されますので、この検索の方がいいかと思います。
kako-kensaku


(2)絞り込んだ一覧表状態で「印刷」アイコンをクリックして、印刷パターン選択を表示して下さい

※実はこの過去帳の印刷プレビューを出した時点で、内部ではインポート用データを生成します。
※全過去帳を回向簿に飛ばす場合は、絞り込まない状態で印刷プレビューを出して下さい。

(3)そのままいったんプレビュー画面と過去帳を閉じてください。

(4)回向簿を開き、行事選択画面のツールバーの「過去帳から行事作成」をクリック
echo-kako

(5)行事名を入力して実行して下さい。

care※内部的にいろいろと処理をしながら1行ずつインポートいたしますので、処理時間が結構かかるプログラムとなってしまいました。数百行のデータでも数分かかってしまうと思います。申し訳ございません。

意外に便利