言葉の一部を入力して検索して下さい。問題解決の早道になるかもしれません。沙羅.comサイト内検索をご活用ください。

筆まめで年忌案内ハガキ(1枚1霊)の裏面(表面も)を作成する方法⇒短冊データより

筆まめ,年忌案内・短冊・年回表を出す,,ハガキにならない,エクセルサンプル,苦肉の策,年忌ハガキ5,用紙レイアウトを登録

※この記事は沙羅2020版アップデートが適用されている必要がございます。

【裏面の作成】※表面はこちら

この記事は『筆まめパワーユーザー』様向けの記事です。

・沙羅の「年忌ハガキ5」の文面を変えたい——>(しかし、年忌ハガキ5の文面は固定なのでできません。)→×
・エクセル自由設計帳票に天蓋を印字したい—–>(しかし、自由設計帳票には画像は差し込めません。)→×

ということを、沙羅の年忌資料画面から筆まめ出力するにて実現する方法がありますので、お試しください。

1枚に1法名形式であれば、[年忌法要資料]→[筆まめへデータ書き出し]→[短冊データ出力]にて、筆まめでも設計・印字できます。

※これは、1から作ると、少々ややこしいです。レイアウト⇒すべてフリーにして印字する項目にチェック。
※サンプルファイルを加工した方が早いと思いますので、下記の手順にて(1)ダウンロード&インストール→(2)用紙読込してください。
※用紙サイズはハガキだけでなくA4やB5も作ることができます。
※フォント・文字サイズは自由に変更・移動可能⇒レイアウト編集した場合は「登録(用紙登録)」してください。A4やB5でも作れます。
※印字できる項目は↓↓↓↓↓

(1)ダウンロード

(2)ダウンロードした mamehagaki.exe ファイルを実行してインストールしてください。
※筆まめ用の用紙設定ファイルがC:¥年賀状データフォルダにインストールされます。

(3)沙羅を起動して[年忌法要資料]→検索後→[筆まめへデータ書き出し]→[短冊データ出力]

 

(4)筆まめが起動しましたら、用紙選択→ユーザー→レイアウトファイルの取り込みをクリック

(5)

(6)

(7)

(8)あとは、文面の編集をおこなってください。※編集後はその文面レイアウトを必ず「登録」(用紙が登録できます)して下さい。

追記:「1枚1霊」形式であれば、A4やB5などの用紙も作成可能です。しかし「同じ家にあたっている場合、1枚の用紙に一緒に印刷することはできません」ので、その場合はエクセル自由設計(1枚複数)または、沙羅純正(印刷→印刷パターン選択)の案内用紙をご利用下さい。


【表面の作成】

※年忌法要資料からの筆まめ出力は「家の件数」「全件数」では数字が異なります。例:1家に2霊あたっている場合、家件数は1件です。短冊出力ですと2件です。

(1)表面の場合、筆まめに出力したらまず、印刷住所を自宅にして下さい。(初期値は予備になっていると思います。)

(2)次に用紙選択で該当する用紙(ハガキ・封筒・タックシールなど)を選択してください。

(3)その直後は、画面レイアウトが乱れていると思いますので、「レイアウトタブ」を開いて「自動/フリーの選択」にて

住所プロックや氏名ブロックを「自動」⇒「フリー」にしてから、印字する項目(宛名住所1・宛名住所2・宛名氏名・敬称など)にチェックをつけて下さい。

※家番号を印字する場合は「連名敬称2」
※戒名や年忌名も印刷できます。「備考2」「連名2」