サイト内キーワード検索 

「年忌法要資料」→「印刷」でエラーが出たら

印刷に関するトラブル・設定, 年忌案内/年回帳の作成方法, トラブル/不具合年忌案内・短冊・年回表を出す

※エラーが出ていない場合は読み飛ばしてください。

「年忌法要資料」→「印刷」→「年忌案内」などの帳票で

「DataField or Caption not found」のエラーが出ていたら、ツールバーの「表示設定初期化」を実行して沙羅を再度開いてください。

「文字列の長さが 0 より小さいか、あるいは整数ではありません」

「ファイル c:¥sara2004¥Reports¥年忌xxx.rptのエラー式<月>・・・・・
「文字列の長さが 0 より小さいか、あるいは整数ではありません」というメッセージが出て印刷できない」
という症状がございましたのでご連絡差し上げます。

その戒名・法名の「命日の月」または「命日の日」が入力されていないことが原因でした

昔の過去帳を読んでいると、命日が読めない・記載がない場合が多々あります。
沙羅では過去帳を入力するときに命日がわからなくても入力することができます。

そのため、年忌案内の文書印刷において、命日を縦書きの帳票や漢字に自動変換する時にエラーが出ていたようです。

取り急ぎの解決方法としましては、年忌案内を出す戒名・法名については命日を入れていただけますでしょうか。
※帳票ファイルは追って

命日の月または日が入力されていないデータを早く探し出す方法

年忌法要資料の検索直後の一覧表画面で、月の列のヘッダー(一番上)をクリックすると、月で並び替ります。


その一番上が「0」になっていると思います。

その行をダブルクリックすると過去帳編集画面になります

命日を入力していただけますでしょうか。(例えば1月)

その横の「命日未確定」にチェックを入れておいてください。(後日「命日未確定」が検索できるように)